就職活動では、面接対策の指導が重要なウエイトを占めます。採用は面接をクリアしなければ、履歴書や職務経歴書がどんなに出来のいいものであっても、難しいのではないでしょうか。大学での面接指導セミナーやコンサルタント会社が面接を指導するサービスなどが近頃盛んに開催されているといいます。やすやすと就職内定をもらう人と百社以上受けても内定がもらえない人の違いは、面接にあるともいいます。面接は人と人との対話であり、学歴や職歴では見えない人間的な部分が出てしまう場です。面接を就職活動において企業がとても重要視するのは、それが理由です。活躍してくれる人材、すぐ辞めない人材を、企業側は欲しがっています。案外と面接を後手に回しがちなのが、それに対する求職者側です。きちんと面接対策をしなければならないと思いながらも、なかなか難しいようです。楽観的にありのままを見せればいいと考えて、対策は身だしなみなどの最優先項目だけをしているという人もいます。何かの形で面接指導を受けておくことが、面接慣れをし、就職活動を成功に導くためには大切です。指導を受けることで、面接とはどのようなものかが漠然とでもわかるものです。最も就職活動で大切な面接を乗り切るためにも、就職指導をどこかで受けておいたほうが良いでしょう。