面接の定番質問として、求職者が会社に対しての質問はないか聞いてくるというものがあります。何か質問はありますかと逆に問われてしまうとどのように回答をしたらよいのか迷うこともあるでしょう。質問があれば言うようにという促しは、採用面接ではよくあるパターンですので、事前に質問事項をまとめておくといいでしょう。面接の場で、面接の担当者が問いかけてくる質問には、意図があります。質問であれば何でもいいというわけではなく、この人は何を知りたいと思っているかを知るために問いかけられている事柄でもあります。そちらからの質問はありませんかと聞かれた時は、会社側からの質問は一通り終わっていることが多いようです。会社についてわからないことや面接時に気になったことなど、質問の内容に特に制約はありません。確認したいことがない場合でも、質問はありませんという回答で終わるのは、せっかくの機会を台無しにしてしまいます。その企業の仕事に対して強い関心を抱いていることを示すために業務内容について質問をしてみせるというやり方もあります。その会社がどんなことをしているかを理解しているということを示すことにもなりますので、相手に好印象を与えることができます。フリーな質問が可能な機会を通じて、自分がどんな人間かを相手に伝えることができますので、有効活用するといいでしょう。会社にどんな質問をするかで、採用担当者の印象を大きく変えることも可能ですので、機会を活かしていきましょう。