採用に向けては書類審査を経て、最終的には面接によって採否が決定されます。就職セミナーや就職支援サイトの応募欄からエントリーシートを出すことで、その会社への応募をすることができます。採用面接を受けるためには、まず、書類審査を突破する必要があります。会社によっては、面接による試験だけでなく基礎学力を確認するテストを課すところもあります。多くの場合、学力テストで見ているものは最低限の学力を持っているかどうかであり、試験結果を理由に落とされことはほぼありません。大抵の会社は、面接をして直接応募者と会った上で、判断をする傾向があります。面接内容は、会社によって異なりますが、新卒採用では数回行われるのが一般的で、人事担当者による1次面接の後、重役による面接を経て採用が決定されるのが普通です。専門技術や知識を持つ人を採用するために求人を出した場合は、応募者の先行を人事関係の人だけでやるのではなく、普段から専門部署を担当している人が登場することがあります。採用面接の場で質問されることが多いスタンダードな話題などもありますので、心の準備をしっかりして、聞かれそうなことの答えをまとめておきます。何度も面接をしている面接官からすれば、こうした定番の質問を含めて、数回のやり取りしていれば、その人の表現力や説明能力や考え方の深さ等、結構深い部分まで分かるものです。面接対策として必要なことは、その時その場所でつけられるようなものではなく、日常的な心がけがいざという時に重要になってきます。普段から、生活習慣の改善や人と接する時の態度などに気をつけておくことで、面接の場でも面接対策以上の効果を上げることができるでしょう。