就職活動と面接についてです。景気がなかなか回復しない中、年々早まっているのが就職活動の開始時期。大学の新卒者に対する就職率も下がっており、厳しい就職活動が余儀なくされているのが、特にここ数年の特徴です。10社20社という数の面接を受けているのも、当たり前になっている時代です。中には100社以上チャレンジしても、実際には面接にすらこぎつけないケースも数多く見られるようです。通常大学からの斡旋や推薦を当てにして行うことが多いのが、大学生の場合の就職活動の特徴です。企業の採用数も長引く不景気の影響で減少しているといいます。実際のところ就職先は、大学からの推薦を待っているだけでは、いつまでも決まらないようです。自分からも積極的に就職活動を行い、対策をさまざまな就職に向けて立てておくことが非常に重要なのです。就職試験でまず一番重要なのは、エントリーから何とか面接まで進むことです。最近は2次試験、3次試験とさまざまな試験を繰り返す企業も少なくないようです。書類選考であっさり落とされる場合も多々あります。厳しい就職活動を成功させるために大事なことは、まず筆記試験の対策を立てて、うまくいったら面接では絶対に落とされないようにきちんとチェックしておくことです。就職の面接試験では、あらゆる方面で一人一人について、きびしい審査が直接企業側からされるようです。面接や試験の対策と準備が、就職活動を乗り切って内定を勝ち取るには不可欠なのです。